予防方法と改善方法

便秘になったら薬を飲めばいい、と思っている方はいませんか?たしかに、薬を飲むとスッキリするかもしれません。しかし、薬を長期間服用し続けていると、次第に耐性ができて自然排便が難しくなります。そのため、日常生活の見直しをして、予防を改善することが大切です。便秘の原因によって予防方法や改善方法は違うので、自分の便秘の原因が何かを考えてみましょう。

外食や加工食品を食べる機会が多い方は、食物繊維が不足している可能性があります。野菜や果物、海藻、きのこ、豆類などに食物繊維が多く含まれているので、これらを意識して食べてみましょう。便がカチカチな方は、水分をこまめに摂ることがおすすめです。しかし、冷たい飲み物はお腹を冷やして腸の働きを鈍くするので、白湯やハーブティーなど温かいものがよいでしょう。1日1.5~2Lが目安です。

デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢で仕事をしている方は運動不足の可能性があります。一駅分歩く、階段を使うなど、できることから初めてみましょう。おならが臭い場合は、腸内環境が悪化している可能性があります。善玉菌優勢の場合はおならは臭くなく、臭い原因は悪玉菌が作り出すインドールやスカトールといった有害物質が原因です。ヨーグルト、味噌、漬物などの発酵食品が腸内環境を改善します。